別れと出会いの片隅で、今、春が眠る。静かに、でも確実に毎日を送っていきたいと思います。


by 熊伍朗
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

京都哀愁


京都へ行って来ました。

初日は、まず、醍醐寺へGO!

三宝院の庭園は、いつ見ても美しいです。


a0295774_21403746.jpg


五重塔です。



a0295774_21411574.jpg



そして、その後、仙洞御所へ行きました。

仙洞御所は、上皇がお住まいだった御所です。

同じ敷地内には、皇太后がお住まいだった大宮御所があります。

現在も、天皇、皇后、そして皇太子ご夫妻が京都に来られた際の宿泊所として使われているそうです。

京都迎賓館ができるまでは、国賓の宿泊所としても使われていたそうです。

見学は、ここからスタートです。



a0295774_21413467.jpg



仙洞御所の庭園は、見事に美しかったです。

小堀遠州作の池泉回遊式庭園です。



a0295774_21420026.jpg



この夜は、着物に着替えて、着流しで祗園を散策しました。

新緑の季節なので、グリーン系の着物にしました。(写真はありません!)



2日目は、まず、修学院離宮へ行きました。

広大な敷地に、結構、上り下りがあって、一周するのに、約80分程かかりました。



a0295774_21425347.jpg



茶屋(茶室)の書院です。

右上がりの違い棚は、天皇家のみに許されたものです。



a0295774_21431056.jpg





その後は、詩仙堂へ行きました。
京都へ訪れた際には、必ず立ち寄る寺院です。
観光客も少なく、石川丈山作の庭園は、本当に落ち着きます。



a0295774_21434534.jpg



a0295774_21463178.jpg




そして、慈照寺(銀閣寺)へ行きました。
ここは、さすがに、すごい人数の観光客でしたが、久しぶりに見る銀閣は、やはり良いなあ…と思いました。



a0295774_21464934.jpg




向月台と中国の西湖をモデルにした銀沙灘です。
美しいですね。



a0295774_21470595.jpg



東求堂同仁斎が見られなかったのは残念でしたが、また、いつか機会があった時に見に行きたいと思います。

そして、哲学の道・・・(静寂)




a0295774_21473104.jpg



a0295774_21481170.jpg




~からの~禅林寺(永観堂)に到着。

青もみじが美しい禅林寺(永観堂)でしたが、やはり、みかえり阿弥陀如来像には感動しました。

思わず合掌してしまいます。

水琴窟の音も、静かに響いていました。




a0295774_21484439.jpg




そして、南禅寺です。

三門は、やはり、迫力がありました。

楼上から見る景色は、まさに、「絶景かな!絶景かな!」です。




a0295774_21490997.jpg




水路閣は、いつ来ても素敵ですね。

サスペンスドラマで、よく、犯人を追い詰めるところですよね。




a0295774_21493119.jpg





この日の最後は、新選組発祥の寺院として知られる黒谷の金戒光明寺へ行きました。

私によく似た(体型の)男性が、しかも、私と同じ緑の着物でお参りをしていたので、軽く挨拶を・・・。

時間があれば、少しお話しをしてみたかったです。男性には珍しい白足袋だったので、何か芸事をされている方だったのかもしれませんね。




a0295774_21495145.jpg

a0295774_21500563.jpg




この日の夜は、花見小路を通って、建仁寺へ行きました。

座禅体験を見に行ったのですが、座禅をしている姿は、凛としてなかなか良かったですよ。

夜の祇園は、ほんわかといい感じでしたね。




そして、最終日は、蓮華寺だけにしました。

修学旅行お断りのこの寺院は、観光客もほとんどおらず、約1時間、石川丈山作の庭園をボーーーーーーーっと眺めていました。いつまでもいつまでも、飽きずに眺めていられる庭園ですね。本当に静かなひとときでした。

日常を忘れることができました。



a0295774_21512637.jpg




お土産は、亀谷清永の「清浄歓喜団」と京漬物にしました。
「清浄歓喜団」は、奈良時代に、遣唐使によって日本にもたらされたお菓子で、昔は、貴族しか食べられなかったお菓子です。
現代では、この亀谷清永でしか作られていません。
まあ、話のタネに、皆さんに食べてもらおうと思ってね。

そして、無事に帰宅しました。
それにしても、京都は暑かったですよ~

京都へは、もう、何十回も行きましたが、まだまだ見足りないですね~
また、機会を見つけて、行ってみたいと思います。

[PR]
by kumagoro21 | 2017-05-26 21:57 | | Comments(0)