別れと出会いの片隅で、今、春が眠る。静かに、でも確実に毎日を送っていきたいと思います。


by 熊伍朗
カレンダー

<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コバルトの季節の中で

心に沁み入るような青空です。

a0295774_2092537.jpg



庭のポンポン菊が咲きました。

a0295774_2095181.jpg



11月も終わりですね。
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-29 20:10 | 自然 | Comments(0)

秋冬

メタセコイアの並木が、秋の終わりを告げているようです。

a0295774_20441610.jpg


今夜は、鍋にしました。

キノコ鍋にしてみようと、シイタケ・マイタケ・シメジ・エノキダケをどっさりと買い込んで、鶏肉と豆腐と白菜、そして、ネギとシラタキを少し入れて、グツグツ、グツグツ・・・グツグツ、グツグツ。

きのこの出汁だけでこんなに旨いのか、と思うくらい汁が美味しく出て、何だかくせになりそうな味でした。

そして、今夜は、久しぶりに、少しだけ日本酒を飲みました。
「嘉正」という地酒です。
そして・・・少しだけ、酔いました。(*^^*)
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-26 21:15 | 日常 | Comments(0)

時をかける少女

昨日、三田りょうのライブで、久しぶりに会った中学校時代の友人たちとお茶を飲みました。

このオジサンも、中学生当時の「○○君」になってしまいます。(^^;)
「○○君」と呼ばれても、別に恥ずかしくもなく、違和感もないです。

心は、中学生の頃のあの時に戻ってしまうんです。

「時」って、不思議なものですよね。

a0295774_2005771.jpg


イベリスが咲いていました。
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-25 20:02 | 日常 | Comments(0)

同級生

中学校時代の同級生に演歌歌手がいます。

近くのイオンモールで、インストアライブをするというので、みんなで応援に行って来ました。

「三田りょう」といいます。
どうぞ応援よろしくお願い致します。m(__)m

a0295774_1924486.jpg

[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-24 19:01 | 日常 | Comments(0)

ワインレッドの心

ボジョレー・ヌーヴォー。
今年は、出来が悪いということだけれど・・・。

今夜は、気障にJAZZなんか聞きながら・・・いただきま~す。Y(^^)

a0295774_20275976.jpg

[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-21 20:28 | 日常 | Comments(2)

BIRTHDAY

悔いのない人生を送りたいと
星を見て願うのは 人の常ですね
夜空と比べたらば ちっぽけな私も
額に汗する瞬間(とき) 海より大きい

今 歌いたいのは 恋の歌より
日々 明日を夢見る 弾む生命(いのち)の歌

HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO ME
朝陽が昇るたびに
HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO ME
今日 生まれ変わるの


好奇心なくしたら 年取るだけ
魂はいつまでも 悪戯盛りと
誰かが 話しかける 草臥(くたび)れた体に
若さは 時間じゃなく 憧れる心

今 語りたいのは 過去のことより
たった 今を生きてる 熱い生命(いのち)のこと

HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO YOU
時よ 美しくあれ
HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO YOU
毎日が誕生日

HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO ME
朝陽が昇るたびに
HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO ME
今日 生まれ変わるの

HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO YOU
時よ 美しくあれ
HAPPY,HAPPY BIRTHDAY TO YOU
毎日が誕生日

(詩 阿木燿子)

a0295774_22322636.jpg


今日、ひとつ歳をとりました。
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-18 23:18 | 日常 | Comments(0)

赤い衝撃

このところ急激に冷え込んできましたね。

奥多摩からの帰り路、紅葉も見頃の御岳渓谷にも寄って来ました。

a0295774_18521891.jpg


a0295774_18523436.jpg


秋の御岳渓谷はとても雰囲気がよく、のんびりとベンチに座ってボーっとしてきました。

若い頃、ここでよくカヌーに乗って川下りをしたなあ・・・。

川のせせらぎと紅葉のハーモニーが美しい旋律を奏でているようで、とても心地良かったです。

少し冷たい風が頬に気持ちよく、こんな時間をいつまでも大切にしたいな、と心に思うのでありました。


玉堂美術館の前のイチョウも真っ黄色で見事でしたよ。

a0295774_1853372.jpg

a0295774_18531616.jpg


こんな所で、気の置けない仲間とゆっくり語らいたいなあ、と思った午後のひとときでした。


(「紅葉三部作」おしまい)
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-18 19:10 | 自然 | Comments(0)

燃える秋

燃える秋 空はペルシャンブルー

a0295774_22124957.jpg


ということで、奥多摩湖の帰りに、「もえぎの湯」に浸かってから、オジサンの隠れ家の喫茶店に寄って来ました。

眼下を流れる渓谷と紅葉を見ながらコーヒーを飲み、つり橋を歩いて、「そういえばこの景色は、俺が自動車の免許をとって初めてここに来た30年前から変わっていないんだよなあ・・・」と、何だかホッとしたり懐かしかったり・・・。

a0295774_2213521.jpg


この山、この川、この木々、そしてこの風・・・「ああ、やっぱりここが俺のふるさとなんだよなあ・・・」と、しみじみ思いました。
もう、西多摩は離れられません。

a0295774_22133569.jpg


奥多摩の紅葉のように、ほんのりと心を色づかせて、これからも人生の秋を大切に生きていきたい、と心に誓うオジサンでありました。


(さらにつづく)
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-17 22:14 | 自然 | Comments(0)

湖の決心

運命を信じますか。
そしてそれに従いますか。
私は  私は  あなたに従います。


紅葉を見に行こうよう・・・。(^^;;;)
ということで、悪い人は訪ねて来ない紅葉真っ盛りの奥多摩湖までドライブをしてきました。

山のふところに抱かれたちょっと寂しげな湖。

a0295774_20111136.jpg


a0295774_2011495.jpg


ドラム缶橋の下には、このダム湖をつくるために沈んだ村があります。

a0295774_20121242.jpg


こうして大自然に抱かれていると、日常のことが忘れられ、そして、忙しさに紛れて日頃考えられない様々な思いが胸をよぎっていきます。
ゆっくりとものを考える時間というものは、大切なものだとつくづく思いました。


ひとつだけ教えて下さい。倖せになれるでしょうか。


(つづく)
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-16 20:12 | 自然 | Comments(2)

守ってあげたい

東京・多摩地区の紅葉もいよいよ本番。
そんなある日、自衛隊の立川駐屯地へ行って参りました。

a0295774_19274211.jpg


この辺りは、以前米軍基地だったのですが、日本に返還された後、その一部が自衛隊に使われているのです。

米軍基地・・・そう、立川基地と言った方が分かりやすいかもしれませんね。

祖母や母は、戦前、まだ日本軍の基地だった頃から、この基地のすぐ前に住んでいたのですが、終戦直後は、ボランティアで、米兵の洗濯物を洗ってあげていたそうです。
おばさんがハーフだったものですから、通訳はおばさんがしていたそうです。
洗濯をしてあげたかわりに、チョコレートなどを沢山お礼にもらって、食のない時代、大変助かった、と言っておりました。

父も、この立川基地に勤めておりました。子供の頃、何度か遊びに連れてきてもらった覚えがあります。
その頃は、このオジサンも、米兵の子供と英語で遊んでいたそうなのですが・・・今では全く話せません。(^^;;)

立川駐屯地は、子供の頃に見た米軍基地の様子とほとんど変わってはおらず、何となくしみじみと懐かしくなりました。

そういえば、立川基地が日本に返還されたために、一家路頭に迷ったこともあったよなあ・・・と。

東日本大震災での、自衛隊の方々の活動が、どれだけ大きなものだったのかを考えると、自衛隊のような組織は必要だとは思うのですが・・・。

a0295774_19283250.jpg


でも・・・やっぱり、オジサンは、迷彩服は駄目みたいです。

まだ、10代くらいの幼い顔の隊員が迷彩服を着ているのを見て、何だか胸がしめつけられてきました。
迷彩服は、やはり戦闘服なのですよね。
ふと、一瞬、戦争を間近に感じたような気がしました。

何だか切ない気持ちになったのは、秋のせいでもなく、子供の頃を思い出したからでもなく、戦争のことを考えてしまったからです。

過去の・・・そして未来の・・・。

a0295774_19292962.jpg


a0295774_19294177.jpg


自衛隊の人たちと、もう少し話がしたかったな。

そんなことを思いながら帰って来ました。


あ、これは、別に自衛隊を否定するものではありませんからね。
どうか誤解をなさらないでください。m(__)m
[PR]
by kumagoro21 | 2012-11-14 19:31 | 日常 | Comments(0)